家具のサイズについて

家具 アジアンインテリアなどの家具を購入する際、デザインや機能性だけではなくお部屋に適したサイズの家具を選ばなければいけません。家具選びで失敗しない為にも家具のサイズを考慮した買い物をしましょう。

ソファを購入するときは

ソファには一人掛け、二人掛けなどがあります。一人暮らしだから、一人掛けを選べばよいというわけではありません。ソファを購入するときは、設置する部屋の大きさや人が通るスペースなどを考えて選ぶのがコツです。

ソファの配置には「I列型」「L列型」「対面型」などがあります。部屋で過ごすスタイルで、配置する位置を決めるとよいでしょう。配置する位置を決めるときに、人が移動するスペースも考えます。

一人暮らしならソファと家具や壁の間に人が一人通るスペース、ご家庭と暮らしているなら人と人がすれ違えるスペースが必要になります。また、家具と家具の間のスペースも確保しましょう。ソファに座る機会が多いのならソファとテーブルの間は30cm以上、ソファを背もたれにする場合は45cm以上あるとよいです。

ベッドを購入するときは

寝室に置くベッドは、部屋のほとんどのスペースを使います。その為、適切なサイズを選ばなければ部屋が窮屈になってしまいます。

ベッドを選ぶときは、部屋の大きさだけではなくご自身の体格・寝る人数も考慮しましょう。人は寝ているとき、ずっと同じ姿勢ではありません。寝返りをうちます。その為ベッドのサイズは、ある程度は余裕があるものを選ぶとよいでしょう。

人が窮屈さを感じないベッドの大きさは、肩幅に30cm(左右に15cmずつ)を足した幅といわれています。二人で使用する場合は、人と人の間にも15cmから20cmの幅を足しましょう。

チェアとテーブルのセットを購入する際はチェアを引くスペース、収納家具は引き出しの長さや開き戸の幅と人が物を取り出すためのスペースを確保する必要があります。

当店ではカウチソファやベッドなどのアジアンインテリア家具、ランプなどのアジアン雑貨を販売しています。オーダー家具にも対応しています。アジアンインテリア家具をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

雑貨 | オーダーメード | アンティークウッド